スポンサーリンク

Garmin vivosport Slateのベルトが切れた

ワークアウトのツール
スポンサーリンク

昨年11月に購入した Garmin vivosport Slate のベルトが切れました。
これ、ベルトの交換ができないんですよね。

元々は活動量計としてでは無く、睡眠を確認したいと思って購入しました。
それがダイエット→ランニングと変化するとともに心拍数の確認がメインになっていきます。

週に1回充電すれば計測できていたので、便利なツールだなと思っていたのですが、購入から9ヶ月を過ぎたところでベルトが切れてしまいました。
amazonのレビュー等で切れやすいという情報を得ていましたが、ほんとにあっけなく切れてしまいましたね。
Garmin の活動量計の多くはベルトが交換できないようです(一部交換可能な機種もあります)。

まだ保証期間内だから修理してもらおうと思ったのですが、保証書が見当たりません。
箱も取っておいたはずなのですが。。。

修理費用も高そうですし、修理してもまたすぐ切れたらと思うと使い続ける気がしませんね。

切り口をよく見てみると、ベルトと黒い本体の部分は接着剤も付いてないようです。
つるつるでとても綺麗ですよ。
つまり薄皮一枚でつながっていたということ。
切れやすいわけですね。

ということで今後どうしようか検討中です。
とりあえずは心拍数の計測を続けたいのでランニング用のForeAthlete 735XTJ をつけておくことにしました。

でもForeAthlete 735XTJ をつけてワイシャツを着ると、袖のところが膨らんでかっこ悪い。
安い中華バンドでも購入しようか。。。

コメント