スポンサーリンク

Windows 10を1809に更新したらプロファルが壊れた?

Windows10
スポンサーリンク

Windows 10 Ver.1809をインストールし、再起動したら設定が初期化されていました。
デスクトップは空っぽ、タスクバーにピン止めしたアイコンは消えてます。

10月2日に公開した1809のアップデート後にファイルが消えたという問題があり、配布が一時停止されていました。
11月13日から配布が再開したので様子を見ていましたが、1ヶ月たった今日、私も更新をかけてみました。

更新が終わりPCが再起動してくると、なんてことでしょう!
あれだけ散らかっていたデスクトップが綺麗になっているじゃないですか。

起動するとEdgeが立ち上がって言語を選択しろと言ってきます。
タスクバーにピン留めされたアイコンもなくなってるし(T^T)
※私のPCは英語OSです。

Thunderbirdを起動してみると初期設定になってる!
Thunderbirdのメニューから「ヘルプ>トラブルシューティング情報」を開き、アプリケーション基本情報欄のプロファイルフォルダーで「フォルダーを開く」をクリックすると、プロファイルのパスが、

C:\Users\TEMP\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\g6a6nfo9.default

になってる。
先頭の「C:\Users\TEMP\」の部分を見ると・・・。
これは「一時プロファイル」のようですね。
C:\user\(c:\ユーザー\)を見てみると私のユーザー名のフォルダも存在してます。
マイドキュメントやデスクトップフォルダを除いてもファイルが残ってました。

では、どうやったら元に戻せるのか。
参考にさせていただいたのはこちら

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/947215/you-receive-a-the-user-profile-service-failed-the-logon-error-message

方法が3種記載されてましたが、私がおこなったのは「方法 1: ユーザー アカウント プロファイルを修正する」です。
書かれているとおりにおこないましたが、私のPCには無かったものもあったので以下に手順を残しておきます。

1.Windowsボタン+Rキーをクリックし、「名前」 ボックスに「regedit」と入力してEnter キーを押します。

2.レジストリエディターで、次のレジストリサブキーを見つけて、キーをクリックします。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList

3.ナビゲーションウィンドウで、S-1-5-SID キー から始まり、その後に長い数が続くフォルダを見つけます。

4.各 S-1-5 フォルダをクリックし、詳細ウィンドウに表示されている ProfileImagePath に「C:\Users\TEMP」が入っているフォルダを見つけます。

上の画像の左側の四角で囲った部分、上のキーのProfileImagePath に「C:\Users\TEMP」が入ってました。
そして下のキー(.bakが付いてる方)には「C:\Users\ユーザー名」が入っていました。
この2つのキーの名前を入れ替えます(.bakを付け替えます)

.bakを付け替えて、.bakが付いてない方のProfileImagePath に「C:\Users\ユーザー名」が入っている状態にします。

5..bak の付いていないフォルダーをクリックし、詳細ウインドウの「RefCount」をダブルクリックして、「0」と入力し、「OK」をクリックします。
しかし私のには「RefCount」が無かったです。
無いならしょうがないということで、ここは無視しました(笑)

6.同じく「State」をダブルクリックして、「0」と入力し、「OK」をクリックします。

「State」は有ったので指示通り変更しました。

7.これでレジストリエディターを終了し、PCを再起動します。

無事、元の状態に戻すことができましたよ。

めっちゃ焦りましたが、簡単な操作で元に戻せて良かったです。
Windows Updateって怖いですねぇ(笑)

上の手順をやってみる方は自己責任でお願いします。
レジストリのバックアップは取ってから・・・ですね。

コメント