スポンサーリンク

Chromeに文字入力すると違う文字が入力されるのはESETが原因だった

PC
スポンサーリンク

Chromeでキーボードから入力すると、同じキーを押すたびに違う文字が入力されます。
ESETをインストール後から発生したのでESETが原因だろうと思い調べました。

調べた結果、ESETの検出エンジンに含まれるブラウザーの保護モジュールに起因して発生したようです。

ESETサポート情報
ESETサポート情報

解決策を試してみました。

スポンサーリンク

1.アップデート

アップデートをしてみましたが、改善しませんでした。

サポート情報にも

※ Mozilla Firefox、Google Chrome をご利用のお客さまで、検出エンジンのアップデート後も改善しない場合は、引き続き回避策を実施ください。

とあります。

2.キーボード保護を無効にする

次の手順で「キーボード保護を無効」にします。

タスクトレイからESETを開き「設定」をクリックします。

右側の大きなメニューから「セキュリティツール」をクリックします。

開いた画面の一番上にある「バンキングとブラウジング保護」の右にある「歯車マーク」をクリックします。

「セキュアーブラウザー」欄にある「キーボード保護」がONになっているのでOFFに変更します。

変更後に「OK」ボタンをクリックします。

これで私の場合は改善しました。

2023年11月17日に「原因および改善策を追記しました」とあり、「本現象に関する最新情報は、本ページに随時公開予定です」と書かれているので、11月27日現在は改善されていないようですね。
暫くはサポートページをチェックする必要がありそうです。

ご注意

当ブログの記事は全て記載した時点での内容となります。ご覧頂いた時期によっては情報が古くなっていることがあります。

PCWindows11
スポンサーリンク
periodをフォローする
Just another memorandum

コメント

タイトルとURLをコピーしました