スポンサーリンク

Windows10に.NET Framework 3.5をネット接続無しでインストール

Windows10
スポンサーリンク

Windows10に.NET Framework 3.5をインストールするにはインターネットに接続する必要があるのですね。
知らなかったです。。。
今回はインターネット接続なしでインストールする方法です。

たまたまインターネット接続できないPCのWindows10に.NET Framework 3.5をインストールすることになりました。

スポンサーリンク

インターネットに接続できるなら

コントロール パネル > すべてのコントロール パネル項目 > プログラムと機能 > Windowsの機能の有効化または無効化 を選択。

.NET Framework 3.5 をチェックして「OK」をクリックすると

ここで「Windows Updateでファイルを自動ダウンロードする」をクリックすればOK。
しかしこれ、インターネットへの接続が必要になるのですよね。

インターネットへ接続できない場合は利用できないのです。

解決策は・・・

困ったときのGoogle先生に聞いてみたら、次の記事を紹介してくれましたよ。

Windows10に.NET Framework 3.5をオフラインでサクッとインストール(有効化)する方法 | QWERTY.WORK
Windows10用の.NET Framework 3.5のインストーラーは存在...

インストールメディアを用意して、その中にあるsources\sxsフォルダへのパスを指定した次のコマンドを実行すればいいのです。

DISM /Online /Enable-Feature /FeatureName:NetFx3 /All /LimitAccess /Source:[ドライブ名]:\sources\sxs

では早速やってみましょう。

netfx3-ondemand-package

インストールにはnetfx3-ondemand-packageが必要です。
これはインストールメディアの中にあります。

インストールメディアをエクスプローラで開くと「sources」フォルダがあります。

「sources」の中に多くのフォルダがありますが、その中に「sxs」フォルダがあります。

「sxs」フォルダ内に3つのcabファイルがあり、そのうちの一つが「microsoft-windows-netfx3-ondemand-package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab」です。

この「microsoft-windows-netfx3-ondemand-package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab」が必要となります。

コマンドの実行

今回はインストールメディアの管理者が別のところにいるので、該当ファイルを送ってもらい、Cドライブに置きました。

次にコマンドの実行です。

スタートメニューから ”Windows システムツール > コマンドプロンプト” を右クリックして、
”その他 > 管理者として実行” を選択します。
”管理者として実行” をしないと、コマンド実行時に次のようなエラーが出ます。

必ず”管理者として実行”を選んで起動しましょう。

本題にもどってコマンドを実行します。
私はCドライブに sources\sxs を置いたので、コマンドは

DISM /Online /Enable-Feature /FeatureName:NetFx3 /All /LimitAccess /Source:C:\sources\sxs

となります。

これを実行するとインストールが始まります。
PCの性能にもよりますが、終わるまで数十秒程度かかります。

「操作は正常に完了しました。」と表示されれば終了です。

Windowsの機能を確認すると「.NET Framework 3.5」がONになってます。

エラー:0x800f081f

実は最初に上のコマンドを実行した際はエラーがでました。

エラー:0x800f081f です。

グループポリシーを変更するという情報も有りましたが、現在使用しているWindows10のバージョンに合ったインストールメディアを使用するのがいいようです。

エラーが出た際にWindows10のバージョンを確認したのですが、割と最新に近いバージョンになってました。

Windows 10 のダウンロード

ここから最新のWindows10をダウンロードして「microsoft-windows-netfx3-ondemand-package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab」だけを取り出しコマンドを実行しました。

エラーになった「microsoft-windows-netfx3-・・・.cab」がこれ。

OKになった「microsoft-windows-netfx3-・・・.cab」がこれ。
更新日時とサイズが違っているので何かが変わったのでしょうね。
違いを探すつもりはないですが。。。

逆に古いバージョンのWindows10が必要な場合は「Rufus」とかを使うことになるのでしょう。

追記

インストールメディアが2019年5月のバージョンで、インストールされたWindows10 が2019年11月のバージョンに更新されているくらいでは問題なくインストールできましたが、2020年12月のバージョンに更新されているくらいに差があると「エラー:0x800f081f」がでるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました