スポンサーリンク

Anker Nano II 65W

PC
スポンサーリンク

AnkerからGaN搭載USB充電器が発売されたと聞いて早速購入しました。

amazonで注文してから2週間ほど待った7月22日、ついに「Anker Nano II 65W」が手元に届きました。
小型と書かれていたので手持ちのGaN搭載USB充電器と比較してみたかったのです。

早速開封して使ってみることにします。

無駄に豪華なパッケージです。
蓋のフラップのような部分にマグネットが入っているのか、張り付いてしっかりと閉まります。

今回大きさを比べてみたのは「CIO USB PD 65W」の充電器。

普段持ち歩くのに小さいのが欲しいなと探していました。

本体サイズのカタログサイズは
CIO USB PD 65Wが‎  4.0 x 5.0 x 2.8 cm
Anker Nano II 65Wが ‎3.6 x 4.2 x 4.2 cm

正面から見ると「CIO USB PD 65W」の方が小さく感じますね。

背の高さは 「Anker Nano II 65W」 の方が低いです。
背が低いのでコンセントに刺した時に安定感を感じますね。

カタログサイズ的には「Anker Nano II 65W」の方が大きいのですが、見た目としては小さく感じます。

しかし重量は体感的にも実測でも「CIO USB PD 65W」の方が軽いですね。

カタログデータの‎149.69 gより軽い116.7gでしたが、CIO USB PD 65Wの方はカタログデータで87g、私が計量したところ81.7gでした。

「Anker Nano II 65W」を手に持つと、大きさの割にはずっしりとした重みを感じますよ。

最大65W出力なので充電できると思ってましたが、私のHP ELITEBOOK 830 G5でも充電できるのを確認しました。

どちらが良いかというと困りますが、壁のコンセントを利用したときに背が低いこともあって安定感を感じたので「Anker Nano II 65W」かなと。
「CIO USB PD 65W」は背が高いので壁のコンセントに刺すと重みで外れてくるような気がするんですよね。

でも、外出用には重量が軽い 「CIO USB PD 65W」 です。
今まで外出時はHP純正のACアダプターを持ち歩いていたので、これで荷物が減るなと思ってます。

「Anker Nano II 65W」は自宅据え置きで使用していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました