中華タブ Teclast X80 Power がマイクロSDカードを認識しなくなった

Windows10
スポンサーリンク

中華タブ Teclast X80 Power が、突然 micro SDカードを認識しなくなった。
デバイスマネージャを見るとSD Strage Class Controllerでエラーが出てた。

エラーの箇所

エラーが出てたのはここ。
SD Strage Class Controllerに「!」がついてます。

ネットで調べてみるとドライバを古い物に変更すると改善する模様?

ドライバをゲット!

http://techtablets.com/wp-content/uploads/2016/02/sdbus.inf_amd64_509acf961ce0c619.zip
または
https://www.driversfordownload.com/microsoft-drivers-for-download/sdbus.inf_amd64_509acf961ce0c619.zip-driver-file-download-57048
ここからダウンロードしてドライバーをゲット!

解凍してUSBに入れておきます。

インストールするための準備

ドライバのインストールにあたっては「ドライバー署名の強制」を無効化する必要があります。
まずはWindows10のスタートボタンをクリックして「設定」を選択。

以下、各画面は英語版になっていますm(_ _)m

続いて「アップデートとセキュリティ」を選択。

リカバリーを選択。

アドバンストスタートアップを選択。
Windows10は再起動されます。
この時にX80 Powerにはマウス&キーボードを接続しておくこと。

再起動後に表示される画面から「Troubleshoot」を選択。

「Advanced options」を選択。

「Startup Settings」を選択。

「Restart」を選択。
これで再起動がかかりますが、次の画面ではキーボード必須です。

再起動後にキーボードから「F7」を押します。
「F7」が「ドライバー署名の強制を無効化する」になります。

再び再起動されて、Windows10が起動してきます。

ドライバのアップデート

Windows10が起動したら、スタートボタンを右クリックしてメニューからデバイスマネージャーを選択します。

ドライバをアップデートするのは「!」のついている「SD Strage Class Controller」ではなく、「SD host adapters」になります。

私のX80 Powerの場合、「SD host adapters」には3つの「Intel SD Host Controller」があり、それぞれ順番にアップデートしていきました。

まず1つめの「Intel SD Host Controller」で右クリック。
メニューから「ドライバーソフトウェアの更新」を選択。

開いた画面から「コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを探します」を選択。

次の画面で「コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択します」を選択。
この画面で参照ボタンをクリックしてドライバを選んでもインストールされなかったです。
必ず「コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択します」を選択すること。

「ディスク使用」をクリックします。

「参照」ボタンを押して先ほど用意したUSB内の「sdbus.inf」を選択します。

「sdbus.inf」の選択ができたら「Ok」をクリックします。

「このハードウェアのためにインストールするデバイス・・・」の画面に戻ったら「次へ」をクリックします。

インストールがスタートするとすぐに「ドライバーソフトウェアの発行元を検証できません」と確認が表示されます。
「ドライバーソフトウェアをインストールします」を選択します。
これは初回だけ表示されます。

インストールが再開されます。

インストールの終了です。
「閉じる」をクリックします。

再起動するか聞いてくるので「NO」をクリックし、残り2つをインストールした後に再起動します。

これで無事認識してくれるようになりました。

Windows10のアップデート後に再発することもあるようです。
ドライバの保存と手順は覚えておいた方がいいようです。

コメント