スポンサーリンク

読書に快適なKindle Oasis

Mobile phone・Tablet
スポンサーリンク

Kindle Oasisを購入したのは2年くらい前になりますが、最近になって使い始めました。
本を読むのに快適で手放せなくなりました。

Kindle Oasisを購入したのは2年くらい前。
飛行機内での時間つぶしに本を読むつもりで購入したのです。
でも荷物を増やしたくないので、Kindle Oasisを使わずiPhoneでKindleアプリを使って読んでいたのでした。

今回右手首を骨折して運動も中止しているので、その時間に本を読んでいたのですが、iPhoneで長い時間本を読むと目が疲れてねぇ。
目薬使ってますが目の痛みが治まらなくて。。。

で、Kindle Oasisを改めて使い始めたわけですが、これが思っていたよりも快適なんです。

私が購入したのは Kindle Oasis の32GB、広告無しモデル。

何故 Kindle Oasis を選んだかというと、物理ボタンで「ページ送りボタン」が搭載されていたから!

ページめくりの際に、iPhoneやタブレットのKindleアプリだと画面の左右土地らかををタッチしたり、スワイプしたりという動作が必要になります。
特にタブレットでは右手で端末を持って左手で操作するのは面倒ですよね。

その点、物理ボタンがあれば右手で端末を持って親指を動かしてページめくりができます。
本を読んでその世界に入り込んでいる時に、物理ボタンはとてもありがたい機能です。

上の写真の場合、初期値では上側のボタンが次ページ、下側のボタンが前ページになってますが、設定で入れ替えることができます。
私は「反転」に設定し、下側を次ページにして使用しています。

書籍を開いた状態でメニューを開くと「タッチスクリーン オフ」機能があります。
これを選択するとディスプレイに触っても、ページめくりやメニュー表示などが動作しないようになります。
ただし、解除するには電源オフボタンを押さないといけないので、私は使用していません。

ページめくりの物理ボタンが欲しくて購入したKindle Oasisですが、この他にも便利な機能がありますよ。

防水機能
IPX8等級の防水機能を備えています。「実験では、真水で水深2メートルまでで最大60分、または海水で水深0.25メートルまでで最大3分まで耐えられることが確認されている」そうです。

いつかお風呂に入りながらゆったりと本を読むなんてことをしてみたいものです。

自動画面回転機能
スマホでは普通の機能ですが、KindleシリーズではOasisにのみ自動画面回転機能がついてます。
物理ボタンも画面の回転に合わせて切り替わるので、右手から左手に持ち替えて読書を続けても問題なくページ送りができます。

この画面の回転ですが思いのほか素速く切り替わります。
E Ink はもっさりしている印象だったのですが、Kindle Oasisは速いですね。

ディスプレイ解像度
Kindle Oasisのディスプレイは300ppiです。
私が使っているiPhone XP が326ppiなので、 iPhone XP と遜色ない綺麗さで文字を表示してくれます。
ちなみにiPhone 11やiPhone SE (2nd Gen.)も326ppi、iPhoneのProなどは450ppiを超えていますね。

さて、冒頭にの”目の疲れ”ですが、Kindle OasisのディスプレイはE Inkディスプレイを採用しています。
E Inkは電子ペーパーとも言われ、紙と同じように反射光を利用して表示を行うため、極めて紙に近い表示になります。
そのため目にも優しいということですが、やはり読書のしすぎは目に良くないです(笑)
確かにiPhoneで読んでいたときよりも疲労は軽減しましたけどね。

重量
amazonのKindle Oasis紹介ページでは「188g 実際のサイズと重量は、仕様や製造過程によって多少異なる場合があります」と書かれていましたね。

実際に量ってみても「187.6」で殆ど紹介ページと同じですね。

この軽さもあって手に持ちながら読書を続けても、重さが気になることはありませんでした。
実際、4時間ほど持ち続けて読書してましたしね。

そしてその”持ちやすさ”はKindle Oasisの形状も影響していると思います。

手で触る部分だけ厚めで、その先の方は薄くなっています。
グリップというほどではないですが、この段差に指が掛かって持ちやすいこともあります。
また重心が手の方にあるので、軽く感じることもあるでしょう。

目の負担を考えて使い始めたKindle Oasisですが、長時間持ち続けても疲れず、思いのほか素早く動いてくれるので手放せなくなってしまいました。
おかげで新たに十数冊の本を購入してしまいました。
できればKindle以外の書籍やブラウザによるSNSなどの閲覧ができるといいのですが。。。
iPhoneの使用量を減らして、もう少し目の負担を軽くしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました