スポンサーリンク

BOOX Nova3 Color(3)- バッテリー・写真表示など

Mobile phone・Tablet
スポンサーリンク

BOOX Nova3 Colorについての3回目、2ヶ月ほど使ってみての様子などを記載しました。
バッテリーやカラー表示についてなどです。

前回の「BOOX Nova3 Color」の記事から時間が空いてしまいましたが、続きを記載しておきます。
一応これで「BOOX Nova3 Color」については終わりかな?

購入から設定についてあたりは「BOOX Nova3 Color(1)」をご覧下さい。

Kindleアプリを使ってみた結果については「BOOX Nova3 Color(2)」をご覧下さい。

スポンサーリンク

バッテリーの持ち時間

まずは「BOOX Nova3 Color」のバッテリーの減り具合を確認してみました。
設定は「パワーオフ:無効」、「スリープ:無効」に設定し充電100%から起動して、Kindleアプリを起動し24時間放置しました。

フロントライトは私が本を読みやすい明るさにしていたので、実際に読書する時の明るさです。
Nova3 Color は画面の背景に青いドット線が入っているので、文字を見やすくするために少しだけ明るめにしていました。

結果は思ったよりバッテリーが残ってます。
画面表示よりページ捲りなどの操作の方がバッテリーを消費するのかもしれませんね。

次に実際に使ってみてどれくらい持つのか確認しました。
5分後にスリープ、15分後にシャットダウンの設定で、Kindleアプリでの読書を1日当たり4時間前後おこないました。

丸3日間の利用で14%残りました。
まだ新しいバッテリーだということはありますが、これだけ使えれば十分だろうと思います。

カラー表示

使い始めの頃に気になっていた BOOX Nova3 Color の背景のドット線ですが、約2ヶ月使用して慣れてきたようです。
文字を読んでいても気にならなくなりました。
それに伴って目も疲れなくなったようです。

写真に撮ってみると白い背景で普通のモノクロなE Inkディスプレイのように見えますが、実際はもう少し青みがかっていて暗い感じです。

Kindleアプリ編で書いたように背景にドット線が入っているので、使い始めは気になって文字も読みにくかったのです.

慣れるとは、人間の目って優秀ですね。

しかし、カラーの書籍・雑誌やWebを見るときには、気にならずに使えてました。

Kindleアプリにいくつかの雑誌を表示させてみました。
全体的に色合いが薄く感じます。
色数が4096色と少ないので、右下の女性の肌は滲んだように見えます。

次にOneDriveに手持ちの写真を入れて表示させてみました。

上の写真だと綺麗に見えてるような気がしますが、実物はもうすくし薄くて粗く見えます。

以下に BOOX Nova3 Color で見た写真と、iPadで見た写真を掲載してみました。

BOOX Nova3 Color
iPad
BOOX Nova3 Color
iPad
BOOX Nova3 Color
iPad

BOOX Nova3 Colorのカラーの雰囲気を感じていただけましたでしょうか?

しかしカラーで見えるというのは素晴らしく、ネットを閲覧してその場の雰囲気を掴むことはできます。

ちなみに同じ写真を「BOOX Nova Air」で表示させるとこんな感じ。

やっぱりカラーの方がいいですよね。

楽天Kobo

私はKindle中心なので楽天Koboを使うことはないのですが、一応確認してみました。

楽天Koboのアプリは「Playストア」と「BOOX アプリストア」のどちらからもダウンロードできます。
ただし「BOOX アプリストア」は「研究目的で・・・」との断りが入っているので、アプリに調整が入っているのかもしれません。
実際、「Playストア」からダウンロードした「楽天Kobo」アプリは設定などが開けませんが、「BOOX アプリストア」からダウンロードした「Kobo Books」は設定なども開いて操作できます。

上の写真は「Playストア」からダウンロードした「楽天Kobo」アプリです。
「設定」ボタン(スパナのマーク)をタッチすると画面左端に三角のマークが表示されるだけで、設定画面が表示されません。
また文章が画面に入りきらず、画面下に隠れてしまってます。

こちらは「BOOX アプリストア」からダウンロードした「Kobo Books」アプリ。
「設定」ボタン(スパナのマーク)をタッチすると、設定画面が表示されます。
フォントサイズの調整だけすれば利用することができました。

現在のところは、楽天Koboを利用する場合は「BOOX アプリストア」からダウンロードアプリを使用することになります。

Google Chrome

Google Chrome は問題なく「Playストア」からダウンロードして利用することができました。

やはりネットの閲覧ならカラーの方が利用しやすいですね。

ちなみに当ブログを閲覧してみると。。。

ずいぶん落ち着いた色合いになりますねぇ。

まとめ

2ヶ月ほど BOOX Nova3 Color を利用して見ましたが、個人的には文字だけの書籍を読むよりはマンガや雑誌を読むのに向いていると思います。
文字だけのページを見るよりは、絵や写真などが多いページを見る方が読みやすい印象ですね。
やっぱりカラーですからね(色数が少ないのがちょっと残念)。

私は9月下旬に発売された「Nova Air」も購入して使用してますが、そちらは文字だけの書籍をがっつり読むときのみ使用しています。

それ以外の普段使いには「BOOX Nova3 Color」の方が「カラー」なので、閲覧したページで見た物の理解もしやすいです。

購入から設定についてあたりは「BOOX Nova3 Color(1)」をご覧下さい。

Kindleアプリを使ってみた結果については「BOOX Nova3 Color(2)」をご覧下さい。

ご注意

当ブログの記事は全て記載した時点での内容となります。ご覧頂いた時期によっては情報が古くなっていることがあります。

Mobile phone・Tablet
スポンサーリンク
marshをフォローする
Just another memorandum

コメント

タイトルとURLをコピーしました