スポンサーリンク

ビクトリノックス VXツーリング ラップトップバックパック17

購入品
スポンサーリンク

また新しいザックを買ってしまった。
今回はデザインが気に入って購入したビクトリノックスの24Lのザックです。

今まで使っていたパタゴニアのブラックホールが色落ちや小さな切り傷ができたりして、痛みがでてきたので買い換えることにしました。

パタゴニアのブラックホールが気に入っているのですが、現在販売されているブラックホールのデザインがイマイチ好みに合いません。
あれこれ探した結果、今回購入したのが「ビクトリノックス VXツーリング ラップトップバックパック17」。

amazonでこのバックを見ると商品名の「17」が何なのかわかりにくいですが、公式サイトやタグをみると意味がわかります。

17インチのノートPCが入るのですね。

今回購入したカラーは「アンスラサイト」。
アンスラサイトはどういう意味か調べたら「無煙炭を破砕し粒状にしたもの」という説明が見られ巻いた。
その画像を見れば確かに似たような色をしてます。

amazonの商品画像を見ると「茶色」のように見えますが、実際はグレーです。
ただ、写真に撮ると下の画像のように「茶色」のように見えてしまいますね。

外観のおしゃれな感じとは反対に、ショルダーハーネス側は登山用な雰囲気があります。
ショルダーハーネスが体の外側にずれていくのを防ぐ「チェストストラップ」も付いてますよ。
荷物が重くても、しっかり担げそうです。

ノートPCを入れる収納部のファスナーは撥水加工がされています。
でもメインの荷室の方は普通のファスナー。
まぁ、PCの方は水から守る必要がありますからね。

こちらはメインの荷室。
思ったよりも狭いです。

両サイドに穴が空いてますが、これはボトルなどを出し入れするため、ファスナーでの開閉ができるようになってます。
ここまでがっつり開いていると使い方に困ります。

サイドのボトル等を出し入れする部分、外から見るとこんな感じ。
細かいものが入っていると落としそうです。
ファスナーを開けたままボトルを入れておくということはできないでしょう。
私にとっては、このバックの最大の欠点になります。

PC収納部はフルに開くことができます。
そして内側の生地は何故か金色。

荷室側のネット収納の中にはマルチツールの絵が描かれたポケットがあります。
さすがマルチツールで有名なビクトリノックスですが、肝心のマルチツールは別売りでした。

一番外側のポケットです。
中にはガラケーが入れられそうな横向きのポケットがあります。

薄いのでたいしたものは入れられません。
私はいつも潰したティッシュボックスを入れてます。
外から切られた時の防御にもなりますしね。

背中側にはトロリーストラップも付属してます。
キャリーバックにも装着することができますよ。

この「ビクトリノックス VXツーリング ラップトップバックパック17」は以前使っていたブラックホールに比べると、カタログ的には10Lの容量減になりますが、実際にはそれほどの差がないような気がしてます。
以下に公式サイトから拾ったスペックを残します。

サイズ19 x 31 x 49 cm
素材ポリエステル PU コーティング
PC収納17インチまでの画面サイズに対応
タブレット収納あり
容量24 l
重量1.1 kg
保証ビクトリノックス保証プログラム: 1 + 10年

コメント

タイトルとURLをコピーしました